新築住宅ならでは!色やサイズを合わせられるオーダー家具の魅力 - らく住む|木津川市・奈良市の注文住宅

Blog

スタッフブログ
新築住宅ならでは!
色やサイズを合わせられるオーダー家具の魅力
2022.01.10

こんにちは!
木津川市の工務店が手掛ける、注文住宅「らく住む」のインテリアコーディネーター尾野実菜子です。

ママの声をカタチにした家づくりブランド「らく住む」では、毎月1回、女性インテリアコーディネーターが 延べ床面積18坪から34坪の商品プラン(間取り)をご提案。
ブログでは、家事動線や収納スペースなど、間取りのポイントを「らく住むPoint」としてご紹介しています。

尾野実菜子のプロフィールはこちら

 

インテリアコーディネートのポイント

私たちインテリアコーディネーターは、お客様と素敵な空間を作るためにオーダー家具をお勧めする場合があります。今日は、なぜ、オーダー家具をお勧めするか、お話したいと思います。

まずはじめに、雑誌や広告で見るすてきな部屋や空間は、なぜ素敵に見えると思いますか?

今、SNSでも素敵な画像がたくさんある中、「こんなインテリアにしたい」とお客様に画像を見せていただくケースが多々あります。インテリアコーディネーターが、イメージに近づけるためのポイントは3つです。

テイスト合わせ

建具やカーテン、お手持ちの家具が、その写真のイメージに合っているか

色合わせ

全体を印象付ける色のイメージが合っているか

バランス合わせ

空間の中に高さや形、すべてのバランスが合っているか

お客様がイメージされた空間を作る上でインテリアコーディネーターが最も重要視しているのは、「合わせる」こと。大きくこの3つのバランスを考え、インテリアをご提案します。

オーダー家具をすすめる理由

打ち合わせの際、イメージ固めと同時に、お客様の生活スタイルもお伺いします。多くの場合、「実用的な観点とデザイン性の両方を兼ね備えた提案」が、難しいという壁にぶち当たります。

<具体例1>リビングにおもちゃを片づける収納が欲しいが、スペースがない場合

  • 既成の収納付き家具では、寸法が大きすぎる
  • イメージはナチュラルなのに、クラシカルなベンチ収納しかない
  • 色がバラバラになる

<具体例2>手持ちの椅子に合わせて、ちょっとしたスペースにデスクが欲しい

  • 既成のデスクは奥行が大きい、幅が小さい
  • 椅子のイメージに色が合わない

このように「実用性とデザイン(ここでは写真のイメージですね)の両輪」が難しい場合、オーダー家具で解決できるケースが多々あります。

 

①色合わせ・調整できる

<具体例2>のお手持ちの椅子に色と素材を合わせた例です。床が少し明るいのですが、建具がウォールナット寄りのダークな色だったため、オーダーデスクはウォールナットにしました。

②サイズが自由

飾る場所に困っておられたミニカーのコレクションショーケースを提案した例です。奥行もさることながら、高さを開口に合わせ、色も建具に合わせたため、たとまりのある空間になります。

③すっきりした印象を演出できる

オーダー家具は用途によって、扉を開き戸・ガラス戸・引戸・フラップなど多種多様。

上の写真はカウンター下のオーダー家具ですが、引戸にしています。理由は、普段よく使うので開きっぱなしで使いやすいように。雑多になりがちですが、閉めればすっきり見えます。

狭い廊下の鏡です。フラップ式の台にするとちょっと出かけに化粧をしたり、充電したり。使わないときは、閉められるので、動線を邪魔せず、こちらもすっきりした空間になりますね。

④狭い空間も利用できる

オーダー家具は隙間を利用できる利点があります。写真は、壁にコレクションボックスを作った例。普段は開けてオブジェ風にしてもOKです。閉めてしまえば、これもすっきりした印象になりますね。

体重計や掃除道具(ルンバなど)など毎日使うものは、サッと出し入れできることがポイントです。でも、ベストな位置に収納がないことが多いですよね。台輪を加工すると、体重計の戻る場所が作れます。

⑤収納量が増える

オーダー家具といえば、TV周りの壁面収納を思い出す方も多いと思います。

適切な壁があれば、天井まで収納が可能となりますし、ライト入りの飾り棚や、本棚も併設できます。

⑥ライトコントロールができる

グラスなどの飾り棚の中にダウンライトを仕込んだり、ラックにライン照明を仕込んだり、間接照明として楽しむこともできます。また、それらは、お部屋の照度を調節することに役立ちます。

⑦動線を確保できる

例えば、ダイニングセットの椅子のうしろから壁までのスペースに、サイズの合った引戸のキャビネットやオープン棚などで狭い空間を収納として有効利用できるケースが多いです。

サイズの合わない家具を置いてしまうと、「椅子を引く、座る」という動線に支障が出てしまい生活しづらいので注意しましょう。

⑧家具の転倒の心配がない

木軸に固定できるので、地震などの家具の転倒の心配がありません。場所にもよりますが、背の高い家具や、壁面収納などは安心ですね。

⑨インテリアイメージを強調できる

取手や扉のデザイン、材質が自由なことから、オーダー家具にデザイン性があれば、インテリアイメージを強調できます。

まとめ

いかがでしたか?オーダー家具の利点をあげましたが、「お部屋の模様替えができない」「後から、入れるものが入らない」など、いいことばかりではありません。壁面収納など大きなものは、下地補強が必要ですし、電気配線の絡みも注意しなければいけません。

ただ、家のプランと共に、初めに考えて出したオーダーは、それに合うものを入れるようになるようです。インテリアコーディネーターではなく、使う人の意識が大事なのですね。

新築前に、オーダー家具についてちょっと考えてみませんか?

【京都府木津川市で展開!ママの声を形にする住宅会社“らく住む”】

今、話題の住宅会社がついに、木津川市にOPENしました!
木津川市で注文住宅を建てるなら是非一度モデルハウス見学会へお越しください!
5,000件以上の実績を誇る、女性インテリアコーディネーターと進める家づくりを体験できます。
木津川市周辺で注文住宅をご検討の方、お待ちしております!!

【イベント情報】

『新築を探しているけど、お金が…』
『間取りについて、強いこだわりがある』
『住宅会社・工務店を何社も周った結果、何で決めたらいいかわからない』

という方は、是非一度モデルハウスへ来場してご相談ください。
建売、中古住宅、中古物件を希望の方も、意外と知らない新築との違いをお伝えいたします。

是非、らく住むの新築モデルハウスを一度ご覧ください!


「らく住む」商品プラン

「らく住む」イベント情報

イベント予約フォーム

ご来場予約はコチラ
京都府木津川市山城町上狛東下12−3