狭くてもあきらめたくない住み心地のいい家「らく住む」の狭小住宅プランをご紹介 - らく住む|木津川市・奈良市の注文住宅

Blog

スタッフブログ
狭くてもあきらめたくない住み心地のいい家
「らく住む」の狭小住宅プランをご紹介
2022.06.06

こんにちは!
木津川市の工務店が手掛ける、注文住宅「らく住む」は、ママの声をカタチにした家づくりブランド。子育てをしながら働くママや共働きご夫婦が、らくに楽しく住まうプランを提案させていただきますね。

らく住むでは、続々と新しいプランを公開中!中でも、今注目を集めているのは「狭小住宅プラン」です。今回は、らく住むの中でもお問合せの多い狭小プランについてご紹介しましょう。

らく住むの狭小住宅プラン

以前、らく住むのインテリアコーディネーター田中カオルさんが提案した狭小住宅は、まさに狭いながらも楽しい我が家をカタチにした住まいです。

【間取り】狭さを克服!高さと収納を有効活用した家

1階に子ども部屋と主寝室、2階にキッチン、LDK、トイレ、浴室という間取りで延床面接はなんと19坪です。

1F平面図

2F平面図

おうちを作るときには、何を優先するかを決めて間取りを計画するのがお勧め。特に、狭小住宅の場合は、「書斎がほしい」「シューズクロークがほしい」と思っても、すべてを兼ね備えることは不可能です。何かをあきらめ、何を取り入れるのかを決めなけべなりません。

今回のプランは、家事ラクを実現するプランです。

主な家事はすべて2階で完結!洗面脱衣室からバスルーム、キッチン~バルコニーへの移動がとてもスムーズです。

また、リビングにある畳コーナーは小上がりになっているので、畳の下に収納を設けることも可能。子どものおもちゃや着替え、おむつなどを収納できます。

畳コーナーの一画には造作したカウンターがあるので、お子さんが宿題をしたり、パパやママがテレワークに使うこともできますね。

 

らく住むの狭小住宅プラン

それでは、「らく住む」でご提案している狭小住宅プランの一部をご紹介させていただきましょう。

延床面積18坪の狭小住宅。日当たりの良い2階リビングのある家

1F平面図

2F平面図

こちらは18.85坪の狭小住宅プランです。2階にキッチンとダイニング、リビング、1階に子ども部屋と主寝室、浴室、トイレを配置しました。2階はワンフロアのため、狭さを感じることがありません。キッチンの背面収納を上手に使って、いつもすっきり片付いた住まいを実現しました。

洗濯動線にこだわったファミリークローゼットのある狭小住宅

1F平面図

2F平面図

こちらは延床面積20坪の狭小住宅。適材適所にちょうどいい大きさの収納スペースを設けています。例えば、「階段下を活用した大容量の2WAYシューズクローク」や「L型パントリーと背面収納ですっきりキッチン」など。キッチンの隅には、家事の合間に一息つけるカウンター(デスク)も設置しました。

2階の子ども部屋や主寝室はそれほど広くありませんが、バルコニーとつながったファミリークローゼットがあるので、洗濯を取り込んだらすぐに片付けることが可能です。

在宅ワークに対応!広めの書斎がある19坪の家

1F平面図

2F平面図

こちらは、昨今の生活スタイルに対応したテレワークに対応した狭小住宅です。1階は廊下のない間取りで、狭小住宅とは思えない開放的な住まいを実現しました。2階主寝室横には、こもれるタイプの広めの書斎が。お子さんがいるご家庭でも、音を気にすることなく、仕事をすることができそうです。

今回ご紹介したプラン以外にも、狭小住宅プランはたくさんご用意しております。興味のある方は、ぜひ「らく住む」までご相談くださいね。

【京都府木津川市で展開!ママの声を形にする住宅会社“らく住む”】

今、話題の住宅会社がついに、木津川市にOPENしました!
木津川市で注文住宅を建てるなら是非一度モデルハウス見学会へお越しください!
5,000件以上の実績を誇る、女性インテリアコーディネーターと進める家づくりを体験できます。
木津川市周辺で注文住宅をご検討の方、お待ちしております!!

【イベント情報】

『新築を探しているけど、お金が…』
『間取りについて、強いこだわりがある』
『住宅会社・工務店を何社も周った結果、何で決めたらいいかわからない』

という方は、是非一度モデルハウスへ来場してご相談ください。
建売、中古住宅、中古物件を希望の方も、意外と知らない新築との違いをお伝えいたします。

是非、らく住むの新築モデルハウスを一度ご覧ください!


「らく住む」商品プラン

「らく住む」イベント情報

イベント予約フォーム

ご来場予約はコチラ
京都府木津川市山城町上狛東下12−3