新居でスッキリ暮らすインテリアのポイントは「目線」と「小物収納術」 - らく住む|木津川市・奈良市の注文住宅

Blog

スタッフブログ
新居でスッキリ暮らすインテリアのポイントは「目線」と「小物収納術」
2021.11.29

こんにちは!
木津川市の工務店が手掛ける、注文住宅「らく住む」のインテリアコーディネーター尾野実菜子です。

ママの声をカタチにした家づくりブランド「らく住む」では、毎月1回、女性インテリアコーディネーターが 延べ床面積18坪から34坪の商品プラン(間取り)をご提案。
ブログでは、家事動線や収納スペースなど、間取りのポイントを「らく住むPoint」としてご紹介しています。

尾野実菜子のプロフィールはこちら

好きなものでそろえたはずのインテリア

新居を考えた時、間取りや家具レイアウトはある程度プロも交えて考えますが、いざ住みだしてみると好きなものでそろえたはずなのに雑然としている。そんなお声をよく聞きます。

そこに住む人が、ちょっと心に留めておくだけで「すっきり生活できるポイント」をいくつかご紹介します。

細々した小物、ゴミを攻略する

子育てママのストレスでもある、ゴミや細々した小物たち。それをいちいち片付けるのは時間のロスとストレスの原因です。しかも、それらがないとお部屋はすっきりするのは分かっています。

さあ、どうしましょう。

動線を意識した「ゴミ箱計画」については、以前のコラム(新築時の落とし穴!平面プランに「ゴミ箱計画」入ってますか?)でご紹介しました。

今回はもう少し間口を広げてみましょう。

扉内部を活用する

いわゆる隙間収納です。

例えば、洗面スペースは家族の成長や構成によって物が本当に増えてしまいます。
そんな時は、洗面所内にある収納扉を利用します。ポイントは扉の内部をぎりぎりまで物を入れず、扉側にボックスを設置します。

洗面所に限らず、無駄に奥行きのある収納の扉は、この方法を活用してみてください。
ただし、中に入れるモノが重すぎると、丁番や扉に負担がかかるので注意が必要です。

洗面所に扉付きの収納がない場合は、薄型のフラップ扉がお勧めです。

収納付き家具を検討する

収納付き家具は案外盲点となって、検討材料から外れてしまうのですが、意識してみてください。

同じ色合いのスツールでもインテリアスタイルが違いますね。
リビングでは、おもちゃをサッとしまえるBOXやベンチなどが人気です。

目線を意識する

ドアを開けた時、どこを見ますか?人はその視線でお部屋のイメージを印象付けます。

小物は目線から外れたところ、死角に置きましょう。

例えばこの間取りの場合、死角はAのあたりです。
学校からのプリント、カレンダーなどはここの壁に貼りましょう。有孔ボードを使って、ペンやハサミ、メガネや文房道具を収納してもいいですね。
床にはクイックルワイパーや薄型ゴミ箱をおきます。

色合わせをする

すっきり見せるテクニックとして、色合わせは外せません。
とはいえ、リビングには色が溢れがち。面積の大きい床・カーテンの色に合わせたボックスや、収納家具で空間全体をすっきりとした印象に保ちましょう。

まとめ

いかがでしたか?色合わせについては、動画(色からくつろぎの配色を考える)でも少し説明していますので、参考にしてみてください。

間取りや住まい方によって、お勧めする内容も違います。

もっと具体的に相談したいという方は、無料相談も実施していますのでお問い合わせください。

【京都府木津川市で展開!ママの声を形にする住宅会社“らく住む”】

今、話題の住宅会社がついに、木津川市にOPENしました!
木津川市で注文住宅を建てるなら是非一度モデルハウス見学会へお越しください!
5,000件以上の実績を誇る、女性インテリアコーディネーターと進める家づくりを体験できます。
木津川市周辺で注文住宅をご検討の方、お待ちしております!!

【イベント情報】

『新築を探しているけど、お金が…』
『間取りについて、強いこだわりがある』
『住宅会社・工務店を何社も周った結果、何で決めたらいいかわからない』

という方は、是非一度モデルハウスへ来場してご相談ください。
建売、中古住宅、中古物件を希望の方も、意外と知らない新築との違いをお伝えいたします。

是非、らく住むの新築モデルハウスを一度ご覧ください!


「らく住む」商品プラン

「らく住む」イベント情報

イベント予約フォーム

 

ご来場予約はコチラ