【間取り】家族が集う「リビング図書館」のある家 - らく住む|木津川市・奈良市の注文住宅

Blog

スタッフブログ
【間取り】家族が集う「リビング図書館」のある家
2021.12.13

こんにちは!
木津川市の工務店が手掛ける、注文住宅「らく住む」のインテリアコーディネーター古田光です。

ママの声をカタチにした家づくりブランド「らく住む」では、毎月1回、女性インテリアコーディネーターが 延べ床面積18坪から34坪の商品プラン(間取り)をご提案。
ブログでは、家事動線や収納スペースなど、間取りのポイントを「らく住むPoint」としてご紹介しています。

古田光のプロフィールはこちら

今回のプランは、「家族が集う“リビング図書館”のある家」です。

インテリアコーディネーターの思い

「少しでも多く家族と一緒の時間を過ごしたい。でも、自分の時間も大切にしたい」
そんなママが、家事やお仕事や趣味を楽しみながら家族を見守ることができる、ほど良い距離間を考えたプランご提案します。

リビングの壁一面の本棚と引出しには、パパの難しい本、ママの編み物の本、お子様のオモチャや絵本が勢ぞろい。
本棚を中心に自然と家族が集い、思い思いのスタイルで自分の時間を過ごす様子はまるで図書館のよう。

窓辺の腰掛けは、家族が取り合う特等席になりそうです。

 

DATA(3LDK+フリースペース)

総工事面積(31.05坪/102.7㎡)約31坪プラン

らく住むポイント

大きな土間シューズクローク

ベビーカーや遊び道具、ほうきなど、外で使うものも、土間なので気にせず収納できます。
土付きのじゃがいもや玉ねぎなど、野菜のストック場所にも使えそうです。

ちょこっとカウンター

洗面脱衣室のカウンターは、乾燥機にかけた洗濯物を畳んだり、ママがメイクをしたり、便利に使えます。
ダイニング横のカウンターは、ママのワークスペースやお子様の宿題スペースとしても。ちょこっとカウンターは、多目的に使える優れものです。

リビング図書館とリビング階段

見渡せるLDKは、ママだけでなく、お子さんにとっても安心な場所。
壁一面に本棚を設置したリビング図書館と、リビング階段は、家族が自然と集まり、会話が生まれる工夫です。

個別の子ども部屋

オンライン授業やリモート学習が取り入れられることが増え、お子様の学習方法にも変化が見られます。
その時代の変化に合わせて、今回は、「個別の子ども部屋のあるプラン」をご提案しました。

「クローゼットを可動式にする」「取り外し可能な間仕切り壁にしておく」など、お子様の成長や独立といった家族の変化にフレキシブルな対応がでるよう、事前に設計のご相談をされることをおすすめします。

【京都府木津川市で展開!ママの声を形にする住宅会社“らく住む”】

今、話題の住宅会社がついに、木津川市にOPENしました!
木津川市で注文住宅を建てるなら是非一度モデルハウス見学会へお越しください!
5,000件以上の実績を誇る、女性インテリアコーディネーターと進める家づくりを体験できます。
木津川市周辺で注文住宅をご検討の方、お待ちしております!!

【イベント情報】

『新築を探しているけど、お金が…』
『間取りについて、強いこだわりがある』
『住宅会社・工務店を何社も周った結果、何で決めたらいいかわからない』

という方は、是非一度モデルハウスへ来場してご相談ください。
建売、中古住宅、中古物件を希望の方も、意外と知らない新築との違いをお伝えいたします。

是非、らく住むの新築モデルハウスを一度ご覧ください!


「らく住む」商品プラン

「らく住む」イベント情報

イベント予約フォーム

ご来場予約はコチラ