【間取り】狭くても収納活用術とオーダー家具で住みやすさが向上する家 - らく住む|木津川市・奈良市の注文住宅

Blog

スタッフブログ
【間取り】狭くても収納活用術と
オーダー家具で住みやすさが向上する家
2022.03.28

こんにちは!
木津川市の工務店が手掛ける、注文住宅「らく住む」のインテリアコーディネーター尾野実菜子です。

ママの声をカタチにした家づくりブランド「らく住む」では、毎月1回、女性インテリアコーディネーターが 延べ床面積18坪から34坪の商品プラン(間取り)をご提案。
ブログでは、家事動線や収納スペースなど、間取りのポイントを「らく住むPoint」としてご紹介しています。

尾野実菜子のプロフィールはこちら

インテリアコーディネーターの思い

「ソファを買ったけれど、結局床に座っている」「子どもがソファの上で飛び跳ねるので、すぐにソファがダメになる」「ソファが夫のベットになって家族が座れない」など、ソファの使い方について、このようなご不満をよく耳にします。

今回はソファが要らない、ちょっと狭くても活用術とオーダー家具で住みやすさが向上するプランをご提案したいと思います。

DATA (2LDK)

総工事面積(22坪/72.7㎡)

  • 1階、2階トイレ
  • 1階広々トイレと手洗い洗面
  • 2階明るい南向き洗面浴室
  • 南向きダイニング+畳リビング
  • 見渡せるダイニングキッチン
  • 庭を活用できる間取り
  • オーダー家具で住みやすさが向上する間取り

1階

 

2階

らく住むポイント

限られた空間で、快適に暮らすためには活用術と心得が必要です。

カウンターを活用する

「南側の明るいダイニングにしたい」「動線も確保し家事も快適にしたい」。それらを優先するために奥行55cm長さ2mのカウンター兼ダイニングテーブルをご提案します。

食事準備の際はカウンターとして活用し、それ以外は食事をしたり、勉強したり、買ってきた食材を一時置くスペースとしても活用できますね。

ワゴンを活用する

ダイニングテーブルの下にはワゴンを置きます。奥行は55cmと深めなので、椅子側とキッチン側、どちらからもとれるような仕様にします。

テーブルの上に置きっぱなしになりそうな書類や文房具は椅子側に、卓上調味料やコーヒーメーカー等はキッチン側に収納します。

また、調理中のサイドテーブルとしても活用できます。使う人や家族の状況によっては、すべて在宅ワークのサイドテーブルワゴンにしたり、フレキシブルに活用できそうですね。

畳収納を活用する

よく見る収納スペースですが、畳リビングとしてフローリングより段差をつけ(小あがり)、収納として活用します。また、頻繁に使わないものは、畳下収納に片付けましょう。

 

壁面収納を活用する

キッチンとの間に壁を設け、その死角に壁面収納を計画します。物が多いリビングは片付けやすいように一か所にまとめます。家族の性格や習慣によって、見せる収納にするか隠す収納にするか考えましょう。

庭を活用する

限られたスペースで活用したいのがお庭です。今回の優先順位から広いダイニングが取れないため、ダイニングと隣接しあえてお庭を活用できる間取りにしています。南側でもありながら、玄関からはポーチが目隠しの役割を果たします。

カウンターダイニングからすぐれ出る動線のため、デッキなどを設ければ第二のダイニング空間になりますね。お庭でランチやパーベキューをしたり、小さな家庭菜園を設けたりして、フレキシブルに楽しみましょう。

間取りを意識したくつろぎの家具選び

例えば、椅子一つとっても、サイズ・材質・色合わせなどで、その空間のくつろぎと使う人のくつろぎを大きく左右します。今回の間取りでは、広々とした空間に置く家具ではないため、サイズだけで選びがちになってしまうので注意が必要です。ソファがない畳リビングなら、クッション性がありデザインもソファまで大きくない、ダイニングチェアをおススメします。

また、畳リビングには、おしゃれな座椅子や小ぶりなビーズクッションを置いてくつろぎましょう。

間取りと心得

今回の間取りは、一見ワンフロアに見えますが、奥の畳リビングで足を投げ出し、だらだらくつろげる隠れスペースがあるのが特徴です。畳でくつろぐスペースを確保するためには、物が散らかりすぎてはいけません。

また、ホールからの引戸を開けるとキッチンが丸見えになるため、見せるキッチンを心掛けましょう。作業中や、一時の置き場にダイニングテーブルを使ってもいいのですが、フレキシブルに使うために、いつもはすっきりしておくことが大事です。

限られた空間ですので、すべてを満たすことは難しいかもしれませんね。家族それぞれの優先順位も違いますので、まずはご相談をお待ちしています。

「らく住む」では、ママの声をカタチにした家つくりを行っています。シンプル&無駄のない”住みやすさ“を追求したプランこちらからご覧ください!

【京都府木津川市で展開!ママの声を形にする住宅会社“らく住む”】

今、話題の住宅会社がついに、木津川市にOPENしました!
木津川市で注文住宅を建てるなら是非一度モデルハウス見学会へお越しください!
5,000件以上の実績を誇る、女性インテリアコーディネーターと進める家づくりを体験できます。
木津川市周辺で注文住宅をご検討の方、お待ちしております!!

【イベント情報】

『新築を探しているけど、お金が…』
『間取りについて、強いこだわりがある』
『住宅会社・工務店を何社も周った結果、何で決めたらいいかわからない』

という方は、是非一度モデルハウスへ来場してご相談ください。
建売、中古住宅、中古物件を希望の方も、意外と知らない新築との違いをお伝えいたします。

是非、らく住むの新築モデルハウスを一度ご覧ください!


「らく住む」商品プラン

「らく住む」イベント情報

イベント予約フォーム

 

ご来場予約はコチラ
京都府木津川市山城町上狛東下12−3