「らく住む」のファミリークローゼットのある家をご紹介 - らく住む|木津川市・奈良市の注文住宅

Blog

スタッフブログ
「らく住む」のファミリークローゼットのある家をご紹介
2022.06.27

こんにちは!
木津川市の工務店が手掛ける、注文住宅「らく住む」は、ママの声をカタチにした家づくりブランド。子育てをしながら働くママや共働きご夫婦が、らくに楽しく住まうプランを提案させていただきますね。

らく住むでは、続々と新しいプランを公開中!

最近、間取りの新定番として注目されているのは「ファミリークローゼットのある家」です。

衣類の収納・・ありがちなお悩み

例えば、4人家族の場合。2つの子ども部屋と主寝室に、それぞれクローゼットがある間取りが一般的です。その場合、洗濯物を取り込んで畳んだあと、それぞれのクローゼットに収納する手間がかかります。

子どもたちが自分で片付ける年代になっても
「この洗濯物、自分の部屋に持っていきなさいよ」
と声をかけても、なかなか片付けてくれない・・。
そんなお悩みはよく聞きます。
また、各部屋のクローゼットで衣替えをするのも、かなり面倒です。

そして衣類を収納するスペースが個室のある2階にしかない場合、アウターなどはリビングに置きっぱなしになってしまいがちです。

そうしたお悩みを解決するプランが「ファミリークローゼットのある家」です。

ファミリークローゼットとは?

ファミリークローゼットとは、名前のとおり、家族全員で使うクローゼットのことです。

ランドリールームやベランダに近い場所にファミリークローゼットを設けることで、家事動線を短くすることができます。

ファミリークローゼットの中にアイロンを掛けられるカウンターなどを設置し、家事室を兼ねたプランも人気がありますね。

ファミリークローゼットのメリット

家事動線がコンパクトになることに加え、

取り込んだあとの洗濯物
アイロンがけする前の衣類
部屋に持って帰るまでのカバンや上着

など、何となく置きっぱなしになるのを避けることができます。

では、「らく住む」の商品プランからファミリークローゼットのあるタイプをご紹介しましょう。

おもちゃや衣類が散らからない!リビング横にファミリークローゼットのある家

日当たりのいい2階リビングの横に、バルコニーに直結したファミリークローゼットを設置したプランです。

リビングに近い場所にあるクローゼットには、衣類以外のものも収納することができます。バルコニーに干した衣類を取り込んですぐに収納できるのも嬉しいですね。

コンパクトな子ども部屋♪家族の時間が増える家

こちらの間取りは、テレワークに対応したワークルームを設置したプラン。

2階の子ども部屋や主寝室は4.2畳から5畳とコンパクトですが、階段を上がってすぐのスペースにコの字型のファミリークローゼットを設けました。

各部屋には今使う衣類を収納し、ファミリークローゼットには衣替えの衣類をまとめて収納することもできますね。

広々玄関と土間収納のある家

こちらのプランは、玄関に広々とした土間収納があります。ファミリークローセットとして利用することも可能です。コートハンガーを設置したり、カバンや帽子などを置く棚を作ったりすれば、外出時の準備もラクチンです。もちろん、帰宅後の荷物をリビングに持ち込まなくていいので、リビングも散らかりません。

 

今回ご紹介したプラン以外にも、家事動線にこだわったプランをたくさんご用意しております。興味のある方は、ぜひ「らく住む」までご相談くださいね。

【京都府木津川市で展開!ママの声を形にする住宅会社“らく住む”】

今、話題の住宅会社がついに、木津川市にOPENしました!
木津川市で注文住宅を建てるなら是非一度モデルハウス見学会へお越しください!
5,000件以上の実績を誇る、女性インテリアコーディネーターと進める家づくりを体験できます。
木津川市周辺で注文住宅をご検討の方、お待ちしております!!

【イベント情報】

『新築を探しているけど、お金が…』
『間取りについて、強いこだわりがある』
『住宅会社・工務店を何社も周った結果、何で決めたらいいかわからない』

という方は、是非一度モデルハウスへ来場してご相談ください。
建売、中古住宅、中古物件を希望の方も、意外と知らない新築との違いをお伝えいたします。

是非、らく住むの新築モデルハウスを一度ご覧ください!


「らく住む」商品プラン

「らく住む」イベント情報

イベント予約フォーム

 

ご来場予約はコチラ
京都府木津川市山城町上狛東下12−3