雨で汚れを洗い流す外壁が「らく住む」の標準仕様 - らく住む|木津川市・奈良市の注文住宅

Blog

スタッフブログ
雨で汚れを洗い流す外壁が「らく住む」の標準仕様
2022.03.14

木津川市の工務店が手掛ける家づくりブランド「らく住む」。
ママの声をカタチにした家づくりブランド「らく住む」では、毎月1回、女性インテリアコーディネーターが 延べ床面積18坪から34坪の商品プラン(間取り)をご提案しています。

ここ数年、新築住宅の外壁のカラー傾向が「変わった」と思ったことはありませんか?

木津川市の城山台は、5年以内に建てられたお家がいっぱい!少し前までは「黒」「ネイビー」が多かったようですが、近頃は壁の一部だけ色を変える「ツートン」も人気があるようです。また、汚れが目立ちそうな気もしますが、「白」を選ぶご家族も少なくありません。

お店などは、遠めから見ても目立つように、ちょっと奇抜な色を選ぶケースもありますが、一般住宅の場合はそうそう塗り替えることもできません。

・デザイン面
・汚れが目立たない

といった観点で外壁を選ぶ方が多いのではないでしょうか。

今日は「らく住む」標準仕様の外壁と、外壁選びのポイントについてご紹介します。

らく住むの標準仕様「外壁」

らく住むの標準仕様外壁はケイミュー。

  • エクセレージ・親水14
  • セラディール・親水14

の2種類から選ぶことが可能です。

それぞれ、アビイブリックというレンガ柄や、ルキナストーンというストーン柄など、デザインも色も豊富に揃っているので、皆さん、とても悩まれる部分です。


「親水コート」は、親水コーティング外壁材

この「親水コート」というのは、雨で汚れを洗い流してくれる親水性がある外壁材のこと。

親水コートの表面は、水に馴染みやすい親水基に覆われているんです。そのため、雨が降ると壁についたほこりなどの汚れが浮き上がって、雨水と一緒に洗い流してくれる優れもの!

外壁は、そうそう簡単にお掃除できるものではありませんので、雨で汚れを洗い流してくれることで、美しい状態をより長く維持することが可能になります。

外壁を選ぶ際の注意点

経年劣化を考える

家はこの先何十年も住まうものです。いくら「親水コート」とはいえ、年数を重ねると色褪せや劣化が目立つようになってきます。外壁のメンテナンスには相当な費用もかかりますし、美しい状態が長く維持できる、汚れが目立たない色を選ぶことをお勧めします。一般的には、グレーやベージュ、アイボリーなどが目立たないカラーとして人気。周囲にも、こういった外壁のお家は多いと思いますので、ぜひチェックしてみてください。

屋根の色、窓枠、玄関ドアとのバランスを考える

以前、真っ白の外壁×黒いサッシというお家を取材させてもらったことがあります。外壁の白に黒のサッシが映えて、とてもモダンな印象の外観でした。白いサッシを選んでいたら、少しのっぺりした印象になっていたかもしれません。お施主様は、最後までグレーの外観にするかどうかを並んでいたそうですが、結果的に「白を選んで正解だった」と満足されていました。

色見本やサンプル、施工事例で確認

同じ外壁を使って建てたお家の写真を見たり、施工事例をご覧いただくことをお勧めします。特に、色分けする場合などは、ぜひインテリアコーディネーターなど専門家に相談しましょう。縦ラインで分けるとすっきりした印象に仕上がるので、近頃は取り入れるケースが増えています。

「らく住む」では、インテリアコーディネーターがお施主様の好みを伺い、細部にいたるまでご相談させていただきます。

【京都府木津川市で展開!ママの声を形にする住宅会社“らく住む”】

今、話題の住宅会社がついに、木津川市にOPENしました!
木津川市で注文住宅を建てるなら是非一度モデルハウス見学会へお越しください!
5,000件以上の実績を誇る、女性インテリアコーディネーターと進める家づくりを体験できます。
木津川市周辺で注文住宅をご検討の方、お待ちしております!!

【イベント情報】

『新築を探しているけど、お金が…』
『間取りについて、強いこだわりがある』
『住宅会社・工務店を何社も周った結果、何で決めたらいいかわからない』

という方は、是非一度モデルハウスへ来場してご相談ください。
建売、中古住宅、中古物件を希望の方も、意外と知らない新築との違いをお伝えいたします。

是非、らく住むの新築モデルハウスを一度ご覧ください!


「らく住む」商品プラン

「らく住む」イベント情報

イベント予約フォーム

ご来場予約はコチラ
京都府木津川市山城町上狛東下12−3